ガスボンベCB缶のカバーを自作しました。かなり簡単ですが型紙も公開しました。

型取りにSOTOのST-710のサイズを参考に作成してありますが、他社のガスボンベのサイズもほぼ同じと思われますので、問題ないかと思います。

革1枚で作成する超シンプルなカバーですので、初心者の方でも簡単に作成できます。

型紙ダウンロード

型紙ダウンロード

PDFの型紙印刷時の注意点

    型紙をプリンタで印刷する際は「ページサイズ処理」で「実際のサイズ」を選択してください。
    「特大ページを縮小」を選択している場合、若干サイズが縮小されて印刷されてしまい、
    サイズが合わなくなりますので注意してください。

作成工程

1. 型紙をプリンタで印刷し、型紙を切り取る。

  ※プリンタが無い方は型紙の寸法を参考に目打ちでケガキ線を付けてください。

2. カッターを使って型紙を切り抜きます。

3. 型紙を革に当て、目打ちでケガキ線を付けます。

4. 線に沿って、カッターで革を切ります。

5. 切り出した革の外周に、ディバイダーを3ミリ間隔にしてガイドラインを入れます。

6. 3ミリピッチの菱目打ちを使い、ガイドラインに合わせて打ち込みます。

7. 210ミリの上と下の辺をだけロウビキ糸で縫います。糸の長さは縫う距離の3~4倍くらいを目安にします。

8. 下の画像のようにCB缶の底になる側を少しきつめに縛り落ちないようにします。

9. ロウビキ糸をクロスさせて縫い合わせていきます。

完成です。

SOTO ST-710のサイズを参考に作成しましたが、CB缶はどれも同じサイズだと思いますので、別メーカーのCB缶にも使えるかと思います。

一応アイボンベにも使えました。

おすすめの記事