冒険家インディージョーンズ風のキャンバスバッグを作成しました。

ダッフィーなどのコスプレ用アイテムとして使うのもよいかと思います。

ミニバッグよりは簡単に作成できるかと思いますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

型紙ダウンロード

型紙ダウンロード

PDFの型紙印刷時の注意点

    型紙をプリンタで印刷する際は「ページサイズ処理」で「実際のサイズ」を選択してください。
    「特大ページを縮小」を選択している場合、若干サイズが縮小されて印刷されてしまい、
    サイズが合わなくなりますので注意してください。

作成工程

1.ダウンロードした型紙をプリンタで印刷します。
プリンタがない方は型紙に表示しているミリ単位の寸法を参考にして、革にケガキ線を入れてください。

2. 型紙をカッターで切り取り、革にあて目打ちでけがき線を入れます。

3. ケガキ線に沿ってカッターで革を切り出します。
『本体革』『右サイド革』『左サイド革』すべて切り出します。

4. 『本体革』『右サイド革』『左サイド革』の床面(裏側)の毛羽立ちを抑える為、にトコフィニッシュを塗ります。

5. 半乾き状態になったら、ガラス板で磨きます。

6.型紙『本体革』の縦の黒線を参考にモデラーで折れ線を入れます。
折れ線をつける理由はバッグの形を整えるためにつけます。

7. 各々の型紙の赤い破線を参考に縫う線のケガキ線を入れます。
ディバイダーを2mm間隔にして、ケガキ線を入れます。
『本体革』でディバイダーで線引きできない部分は目打ちを使って線を引きます。

8. 縫う線に沿ってステッチンググルーバーを使い、溝を作ります。
これは糸の毛羽立ちを抑える為に行います。特に毛羽立ちが気にならない方は省略してもらっても構いません。

9. ゴム板と菱目打ちと木槌で縫い穴を開けます。

10. 中央付近の縦の縫い線から縫います。糸は縫う線の3倍程度の長さにして針に通します。
テーブルポニーが無くても縫えますが、縫い時間に時間が掛かる為、使った方が良いです。

11.『本体革』にバネホック小を付ける為、ハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。
穴を開けるときは、穴のズレが発生しないように、以下のようにしています。
11-1.最初に型紙にハトメ抜きで穴を開ける。

11-2.型紙を革に合わせて、ハトメ抜きを押し当て、穴の目印を付ける。

11-3.穴の目印かずれていないか確認して、良ければハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。

12.バネホック小を付けます。
※同様に反対側のバネホックを取り付ける位置にも穴を開けますが、革の厚みや、サイドの革を付けた時の状況により、ホックを止める時きつくなる場合がありますので、丁度よい位置を見つけて穴を開けてください。
ちなみに私は『右サイド革』と『左サイド革』を付けてから丁度良い位置を確認してから穴を開けて、バネホックを付けました。

13.『右サイド革』と『左サイド革』に、ディバイダーで2mm間隔にしてケガキ線をつけます。
14.線に沿ってステッチンググルーバーを使って溝を入れます。
※糸の毛羽立ちが気にならない方は省略可能です。
15.『右サイド革』に飾り付け用のカシメ小を付ける為、ハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。

16.メタルプレートとカシメ打ち棒を使って、カシメ小を付けます。
17.『右サイド革』と『左サイド革』に肩掛け紐用の穴を開ける為、ハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。
18.『右サイド革』の片側の部分だけ菱目打ちで穴を開けます。
『本体革』で開けた穴とズレ生じないように、一度革を合わせて目打ちで最初に打つ穴を目印しておくとよいです。

19.『本体革』と『右サイド革』をテーブルポニーに挟んでロウビキ糸で縫います。
※糸は縫う長さに対し、3倍の長さにしてから針に糸を通します。

20.底の部分は下の画像のように目打ちで穴を開けます。
この時も、『本体革』の位置と合うように穴を開けます。

20.手順18と同じように目打ちで最初に穴を開ける位置を決めて、菱目打ちで穴を開けます。『右サイド革』だけ菱目打ちで穴を開けます。
21.引き続き縫うのを再開します。

22.『左サイド革』も『右サイド革』と同じように縫い穴を開けて縫います。
23.コバにトコフィニッシュを塗り、半乾き状態になってから磨きます。
これで本体は完成です。

 

次に肩掛け紐を作ります。
【肩掛け紐の作り方】
1. 長さ210mm×幅5mmの革を2本切り出します。

2. 2本とも床面(裏側)をトコフィニッシュを塗ります。

3. ガラス板で磨きます。

4.2本とも片側のみ5mm離れた位置にハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。
『右サイド革』と『左サイド革』に付けるための穴になります。

5.『右サイド革』に肩掛け紐をカシメ小で固定します。『左サイド革』にも同様に固定します。

6.ぬいぐるみに紐を回し、カシメ小を付ける位置を決めます。

7. 『左サイド革』にカシメ小を付ける位置にハトメ抜き(2.5mm)で穴を開けます。
サイズを調整できるように、10mm間隔で穴を開けます。これは服を着せた時に膨らみが発生するため、調整できるようにするためです。

8. 『右サイド革』側は端から10mmの位置に穴を開けます。

9. 次に紐が遊ばないように遊革を作ります。長さ23mm×幅5mmの革を切り出します。

10.二つに折り、菱目打ちで縫い穴を開けます。

11.縫い穴を開けたら、ほどけないように縫います。
12.肩掛け紐に遊革を通します。通しにくい場合はピンセットなどを使い、通します。

13.カシメ小を付けて完成です。

完成です。

ダッフィーに付けた写真です。

横から見た感じ。

後ろから見た感じ

おすすめの記事